ごあいさつ Greeting

総合診療科は、2017年度からの新しい専門医制度の中で19番目の基本診療科として認められました。しかし、欧米では一般的な診療科ですが、日本では比較的歴史が浅く、その診療内容は、必ずしも、均一なものではありません。皆様は、総合診療科という名称から、どのような診療内容を想像されるでしょうか。具合が悪い時、あるいは、よくある病気の時にとりあえず見てもらうかかりつけの先生、何でも広く浅く診てくれる診療科といったところでしょうか。私達が目指す総合診療科は、これらの要素も一部は持ち合わせますが、日常よく見られる病気だけではなく、比較的稀な疾患も含め、患者さんを総合的に診て、全体の検査・治療方針を立て、その方が、最も良い状態で生活できるように診療を行うことを目標としております。現在は、主に内科的疾患が対象ですが、何か困った時に受診、あるいは紹介すれば問題が解決される、そのような診療科でありたいと願っております。

診療科部長 林 松彦